夏バテの症状 ~梅雨時・初夏でも要注意

夏バテの症状

夏場に暑くなってくると「だるい」「食欲がない」「やる気が出ない」などと感じる人も多いのでは?

これが、いわゆる【夏バテ】ですが、実はハッキリした定義はありません。いくつかの症状をまとめて「夏バテ」と呼んでいるのです。

海に山にレジャーにと楽しめることがイッパイの夏も、これでは台無しです。

夏バテの典型的な症状

  • 体がだるい
  • 疲れやすい
  • 食欲がない
  • 冷たいものばかり飲んでしまう
  • いつも眠たい
  • 睡眠不足
  • 熱っぽい
  • 体がほてる
  • 下痢または便秘が続く

これらに一つでも当てはまれば、夏バテの症状と言っていいかもしれません。

「夏バテじゃないよ」と強がりを言っても、こんな状態だとせっかくの夏を楽しめませんから、解消できるものなら解消したいところです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

暑さより身体の冷えが夏バテ症状の原因になりやすい

空調の行き渡ってなかった昔は、猛暑からくる体力の低下や食欲不振などのいわゆる「夏痩せ」という症状が主でした。

ですが、今は気温と湿度の急激な変化に身体が対応し切れなかったり、過敏な反応をしたりして、自律神経のバランスが崩れて、夏バテの症状が起こることが多くなりました

ストレス・冷房による冷え・睡眠不足などが原因になります。それに、「夏バテ」という名前から夏場のみの症状と思いがちですが、湿気が多く気候の変化が激しい梅雨時・初夏も要注意です。

梅雨時・初夏も要注意

特に湿気が多い梅雨時は汗が乾きにくく、かえって身体を冷やしてしまい夏バテの原因となることがあります。

日本より暑くても湿気の低いハワイなどでは、汗がきちんと蒸発するので体温のコントロールが上手くいって夏バテにはなりにくいそうです。

夏バテになりやすい人とは?

夏バテになりやすい人とは?

日ごろから胃腸の弱い人や虚弱体質の人、神経質で環境の変化に過度に反応してしまう人なども夏バテになりやすいので要注意です。

特にまだ身体を調整する機能が未熟な乳幼児は脱水症状になりやすいので、周りの大人が気を付けてあげないといけません。

また、高齢者の場合も、暑さで上がった体温から熱射病を起こして衰弱する場合があるので、こちらも注意が必要です。

とは言っても、暑くなってくる梅雨時・初夏・そして夏場は、健康な人でも自分でも知らない間に疲労がたまっていきます。

そうなると突然、夏バテの症状が出てくるかもしれません。この季節の過ごし方にはくれぐれも注意が必要です。

夏バテになってしまう主な原因は3つ
夏バテになってしまう原因とは、どのようなものでしょうか? いろいろな要因が絡み合って起きると言われていますが、主な原因は3つにまとめ...
夏バテの症状 ~症状が出るのは身体だけじゃない? 精神的な疲労も要注意
夏は明るく開放的なシーズンである反面、暑さによって体だけでなく心にも疲れがたまりやすい季節でもあります。 暑い時期や暑くなり始...

手のつけやすい、夏バテ・梅雨バテ解消法とは?

夏バテ・梅雨バテの予防&解消に“手をつけやすい”対策として、食事睡眠入浴があります。夏バテの症状は色々な要因で起きますが、すぐできる解消法をまとめましたので参考にしてみてください♪

まとめ記事はコチラ ⇒ 夏バテ・梅雨バテ解消&予防のポイントは、食事・睡眠・入浴

食事・睡眠・入浴の改善グッズ

【食事】⇒ 効くサプリベスト3

【睡眠】夏の快眠グッズ10

【入浴】⇒ オススメ入浴剤15選

夏バテ予防と解消対策のまとめ


ツイッターはじめました♪

あなたにオススメの商品はこちら♪

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク