熱帯夜でもぐっすり安眠! 睡眠不足を解消しよう | 夏バテ対策

熱帯夜にぐっすり眠る!安眠対策

ぐっすり眠ることが1番の夏バテ対策

夏バテは、カンタンに言うと夏の暑さに体力が奪われている状態です。ですので、ぐっすり眠って体力を回復させることは、1番の夏バテ対策と言えます。

けれども、暑い夜にはなかなか寝付けなかったり、眠りが浅くなるものです。

そこで大切なのが、室温を適切な温度にすることです。

これは眠れる! 夏の快眠グッズ10

スポンサードリンク
スポンサードリンク

上手に冷房を使って、熱帯夜でもぐっすり安眠!

暑い熱帯夜には冷房なしで眠ることはできませんが、睡眠中は体温が下がりますので、冷房を強く効かせたままだったり、つけっぱなしでは、身体を冷やし過ぎてしまうのです。

ただし、身体のために冷房を使わない方がいいと思っている方もいらっしゃいますが、暑すぎると体温が下がらず寝付けない原因にもなります。

なので冷房の上手な使い方が、夏バテに効く上手な眠り方のカギになります。

寝る前に部屋を冷やしておいて、眠る頃には冷房を切るかタイマーで切れるように設定しておくのがオススメです。

寝る前から冷やしておくのがポイントで、就寝直前に冷房をつけてもタイマーが切れると、家具や壁にこもっていた熱が出てきて室温が上がってきてしまいます。押し入れなども開けて、部屋をしっかりとクールダウンさせておくとよいでしょう。

温度設定は28度ぐらいが身体の負担にならず最適ですが、寝苦しいようでしたら25度くらいまでなら下げてもかまいません。

ただし、つけっぱなしにならないように気を付けてください。

切タイマー設定は入眠から3時間後ぐらいが適切です。だいたい3時間後くらいに眠りの浅い周期がやってきますので、そこでたくさん寝汗をかいていたりすると目が覚めてしまうことがあるからです。

快眠サプリ「ディディトリニティー002」の効果と口コミ 天然由来成分で安心、ぐっすり安眠・スッキリ目覚め
リラックス&ぐっすり成分をダブル配合したサプリ【ディディトリニティー 002】 「どうにも疲れがとれない」「いつも身体がダルい...
夏バテ解消にオススメ入浴剤15選 | お風呂で夏バテ予防!
夏バテの原因は、暑さによる疲れやだるさだけでなく、冷房の効いたオフィスやお店、通勤電車などで体が冷えた状態が続くことが多く「冷え」に...

冷房・扇風機のNG

冷房や扇風機を使う際の一番の注意点が、身体に直接風をあててはいけないということです。

直接冷房の風が身体にあたると、表面の熱が奪われ続けます。すると、身体は体温を保とうと、寝ている間ずっと働いている状態になります。

これではむしろ身体を疲れさせてしまい、寝ることで体力が奪われるということになってしまいます。

夏バテ対策で特に重要な、クーラー病・冷房病の原因と対策 | 夏バテを予防しよう
冷房病やクーラー病と呼ばれる、エアコンでの冷え過ぎから起きる症状を防止することは、夏バテ対策の中でも特に重要です! クーラー病...

暑い夏の熱帯夜!安眠対策

DG110冷房だけに頼らずに、工夫してなるべく涼しさを感じられるように眠れば、熱帯夜でも身体を冷やさず、ぐっすり眠ることができます。

寝具をこまめに天日干し

身体からは寝てるだけでコップ1杯分の汗が出ていると言われています。その汗をきちんと吸い取り、寝具の湿度を調整しておくことでぐっすり眠ることができます。布団やシーツ、パジャマを吸水性の良い状態に保つことが必要です。
布団はこまめに天日干し、シーツやカバーも週に2~3回は洗濯しましょう。ただし、天日干しは1時間くらいが目安で、長時間だと布団に熱がこもって、かえって眠りにくくなるので注意してください。布団乾燥機の使用も効果的です。
夏の快眠・おすすめ寝具を要チェックする!

とはいえ布団には汗やダニ・ハウスダストはつきもの。いっそ丸洗いに出してしまうのも手です。かなり、スッキリしました。

全国どこでも家まで【無料】で届けてくれる!布団クリーニング

除湿

湿度が下がれば、その分同じ温度でも涼しく感じられます。除湿をすると室温も下げてしまうエアコンをお使いの場合は、布団や長袖長ズボンで寝るなどの工夫も良いでしょう。

入浴

普段あまり運動を出来ない人や、運動不足の人は、なかなか寝れないことがあります。人間の身体は一度暖まると眠くなりますので、就寝前に入浴をすると眠りやすくなります。またクールタイプの入浴剤を使うと、清涼感があって湯上りがスッキリします。
また、入浴後は身体の水分が不足しがちですので、水分補給も忘れないでください。
夏バテ解消に、おすすめ入浴剤をチェック!

軽い運動

人間の身体は暖まると眠くなりますので、入浴と同じで軽い運動をして身体を温めても眠りやすくなります。また軽く汗をかけば、疲労物質も排出されて血流がよくなり、胃腸のはたらきも良くなります。

寝ゴザや竹シーツ

夏はどんな素材のシーツでも、身体にまとわりつく感じがしてしまします。寝ゴザ竹シーツを利用すると、体と布団が触れる面積を減らしますので、体感温度を下げてくれ涼しく感じられます。また、身体のほてりを取ってくれる麻素材の寝具も効果的です。
おすすめの寝ござ・竹シーツはここからチェック!

枕カバーを冷やす

枕カバー、もしくは手ぬぐいやタオルを冷蔵庫で冷やしておいて就寝前に交換すれば、冷感で気持ちよく眠りにつくことができます。

凍らせたペットボトルを枕元に

水を凍らせたペットボトルを枕元に置いておくと、冷たい空気が身体のほてりを取ってくれます。扇風機の前に置けば、風が冷たくなり電気代節約にもつながります。とけてくれば徐々に冷たさが和らいでいきますので、身体を冷やし過ぎることもありません。

快眠グッズの活用も!

熱帯夜の安眠に、快眠グッズの活用も有効です。

蒸し暑い夜にもぐっすり寝たいと思うのは、日本人なら誰でもそう!

なので、夏の快眠グッズもたくさん開発されています。

シーツ代わりに使える冷却パッドや、ひんやり感に優れたガーゼケット涼感まくらハーブティサプリメントお香などなど、一度、チェックしてみてはどうでしょう?

意外に手ごろなお値段で、毎晩ぐっすり眠れるならアリだと思います。

これは眠れる!夏の快眠グッズ10

いかがでしたか? ちょっとした工夫でぐっすり眠れそうでしょ? 夏バテの予防と解消・対策には質の良い睡眠が一番大切です。ぜひ試してみてください。

夏バテ解消に効く入浴方法 | お風呂で夏バテ予防!
暑い夏には、ついついお風呂はシャワーで汗を流すだけという方も多いですが、実は夏バテ予防&解消には湯船につかった入浴が効果的なんです。 ...
夏バテ症状に効くツボ! カンタン刺激で自律神経のはたらきを改善しよう | 夏バテを解消しよう
夏バテ症状別! オススメのツボ♪ 屋外の暑さと冷房の効いた部屋の中を行き来することの多い夏場は、自律神経の働きが乱れがち。 そう...
これは眠れる! 夏の快眠グッズ10 ~夏バテ予防&解消には質の良い睡眠から
暑い夜には寝付けなかったり、眠りが浅くなったりするものです。 でも、夏バテなどにならず、暑い夏を乗り切っていくためには、質のい...

手のつけやすい、夏バテ・梅雨バテ解消法とは?

夏バテ・梅雨バテの予防&解消に“手をつけやすい”対策として、食事睡眠入浴があります。夏バテの症状は色々な要因で起きますが、すぐできる解消法をまとめましたので参考にしてみてください♪

まとめ記事はコチラ ⇒ 夏バテ・梅雨バテ解消&予防のポイントは、食事・睡眠・入浴

食事・睡眠・入浴の改善グッズ

【食事】⇒ 効くサプリベスト3

【睡眠】夏の快眠グッズ10

【入浴】⇒ オススメ入浴剤15選

夏バテ予防と解消対策のまとめ


ツイッターはじめました♪

あなたにオススメの商品はこちら♪

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク