自律神経の不調 | 夏バテの原因

自律神経の失調 | 夏バテの原因

夏バテの原因で最初に気にしないといけないのが、自律神経の不調です。

身体は、周りの温度が暑くなると、汗をかいたり血管を広げたりして身体の中の熱を外気に逃がして暑さに対応しようとします。この身体が自分で体温調節しようとする働きは、自律神経によるものです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

気温の変化で自律神経が疲れる

自律神経って言葉はよく聞きますけど、自分の気持ちでコントロールできるのではなく、身体が自律的にコントロールするので自律神経と言うんですね。

つまり自分じゃコントロールできないってことなので、暑い外から帰って来て冷房の効いた部屋に入ると、身体はすぐには気温の変化についていくことができません

そうなると、身体の中の熱を逃がす必要がない状態でも、熱を放出し続けることになってしまいます。

そして、温度が下がったことに気づいた自律神経は慌ててそれに対応しようとしますが、これを1日の間に何度も繰り返すと、自律神経自体が疲れてしまいます

自律神経の疲労が積み重なると、だんだんうまく働かなくなって、めまい食欲不振頭痛などの原因になってしまいます。

夏バテ症状に効くツボ! カンタン刺激で自律神経のはたらきを改善しよう | 夏バテを解消しよう
夏バテ症状別! オススメのツボ♪ 屋外の暑さと冷房の効いた部屋の中を行き来することの多い夏場は、自律神経の働きが乱れがち。 そう...

湿気も夏バテの原因

湿気も夏バテの原因のひとつ

また、日本の夏特有の湿気の多さも原因のひとつだと言われています。

夏の暑さの中でもカラッとしているハワイなどでは夏バテは起きにくいのです。それは、湿度が低いと汗がすぐに蒸発して体温の調節がうまくいきやすいからです。

さらに、高温多湿の環境に長くいると、汗の出口がつまって発汗が難しくなることがあります。すると、体温調節がうまくいかなくなって身体への負担になります

夏バテ対策には湿気にも気を配ることが大切だと言えそうです。

夏バテ予防&対策は梅雨の前後から! | 夏バテを予防しよう
高温多湿な梅雨時から夏バテ対策を! 梅雨は高温多湿ですので、身体は汗をかいて体温を下げようとしますが梅雨は湿度も温度も高くなっており、...
コンパクト除湿機 「カラッと爽快」 TU-400
スリーアップ
売り上げランキング: 1,912

うなぎ鰻国産ランキング

手のつけやすい、夏バテ・梅雨バテ解消法とは?

夏バテ・梅雨バテの予防&解消に“手をつけやすい”対策として、食事睡眠入浴があります。夏バテの症状は色々な要因で起きますが、すぐできる解消法をまとめましたので参考にしてみてください♪

まとめ記事はコチラ ⇒ 夏バテ・梅雨バテ解消&予防のポイントは、食事・睡眠・入浴

食事・睡眠・入浴の改善グッズ

【食事】⇒ 効くサプリベスト3

【睡眠】夏の快眠グッズ10

【入浴】⇒ オススメ入浴剤15選

夏バテ予防と解消対策のまとめ


ツイッターはじめました♪

あなたにオススメの商品はこちら♪

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク