睡眠時間は充分なのに、寝ても寝足りない時

寝足りない感にお悩みの方に

スポンサードリンク
スポンサードリンク

寝足りない感の原因は、睡眠の時間ではなく「質」

寝ても寝足りない感じがするのは睡眠時間のせい?

寝ても寝ても寝足りない、なかなかグッスリ眠れない、朝スッキリ目覚められない、といったお悩みをお持ちの方は決して少なくありません。

睡眠や休息について不満を持っている人は、30代40代の方の20%以上、働き盛りの年代の約5人に1人に達するという調査結果もあります。

なかでも、解消するのが難しいのが、睡眠時間は足りているのに寝不足感がする、寝足りない気がするという方。

充分な睡眠時間を確保しているはずなのに、疲れが抜けない、体が重い、頭がボーっとする、などのお悩みをお持ちです。

そうなると、やる気も下がって何もする気になれなかったり、思考がまとまらずにいいアイデアが浮かばない、集中力が低下して仕事や勉強が捗らないといったことにもなってしまいます。

その原因は、睡眠の質の低さの可能性があります! 充分な睡眠時間をとっていても、その間に身体と心をしっかりと休息させることが出来ていないのです。

睡眠でしっかりと休息をとれてないので、起きている間も寝足りない気がして疲れがたまり、また寝ても疲れがとれず…、と悪循環に陥っている可能性があります。

寝足りない感解消のために、睡眠の質を上げて、睡眠中にしっかりと休息をとれるようにすることが必要です。

睡眠の質を上げて、快眠するための生活習慣

睡眠の質を上げるポイントは【寝つき】【睡眠中】【寝起き】のそれぞれにあります。

まずは生活習慣からそれぞれについて気を付けたいことをまとめました。

【寝つき】就寝前にパソコンやテレビ、スマホ、携帯などの強い光を浴びることは、緊張状態を招いて体と神経のストレスの原因となり睡眠の質の低下につながります。就寝前には、こういったことを避け静かに横になることが大切です。また、どうしても落ち着かないという場合にはスマホではなく読書にしましょう。

【睡眠中】息抜きや気分転換が苦手な方はストレスをためやすい傾向にあります。ストレスがかかると、睡眠を抑制する働きがある「ACTH」というホルモンが分泌されて緊張状態がつづいてしまいます。
また、食事を寝る直前に摂ると、胃腸が消化のために働き続けますので、内臓にストレスがたまって、休息が充分にとれずに睡眠の質低下につながります。

【寝起き】寝足りない気持ちなので「あと5分……」と二度寝を繰り返すことは、浅い眠りを続けてしまうことになって、体内時計の働きを乱してしまい疲れがとれにくくなってしまいます。また、二度寝からスッキリと起きられることはなく、かえってボーっとした状態を一日引きずる原因になって寝足りない感を増幅してしまいます。

つまり、睡眠の質に問題や不満をお持ちなら、まずはストレスを解消すること、体と精神をリラックスさせるようにすることが大切になってくるのです。

睡眠のメカニズム

人が眠くなるのは睡眠ホルモンとも呼ばれる物質「メラトニン」が脳内で分泌されるからです。

通常、健康な人だとメラトニンは朝起きてから約14~16時間後(だいたい20時~22時頃)に分泌され、そこから約2時間後の時間帯(だいたい24時~2時頃)に分泌のピークを迎えます。

つまり「メラトニン」の分泌によって、身体と脳を休息させるための睡眠を導いているのです。

逆に、脳を覚醒し日中の活動を支えるホルモンが「セロトニン」です。

人の身体は、夜に「メラトニン」が分泌されると覚醒ホルモン「セロトニン」が減り、朝には「セロトニン」が増えて「メラトニン」が減るというサイクルを毎日、繰り返しています。

この「メラトニン」と「セロトニン」のバランスで、身体と心の休息(良質な睡眠)と活動をコントロールしているのです。

ところが、「メラトニン」と「セロトニン」の働きのバランスが崩れると、いわゆる「時差ボケ」のような状態になってしまいます。

昼夜が逆転した時差ボケ状態になると、「寝ても寝足りない」「昼間なのに眠い」「夜なのに眠れない」「集中できない」「疲労感」「食欲低下」「便秘・下痢」など、身体と心の不調につながってしまいます。

そしてこの、睡眠の「メラトニン」と目覚めの「セロトニン」の材料となるのが「トリプトファン」という必須アミノ酸で、とても大事で覚えておいていただきたいのは「人間の体内ではつくることができない」ということです。

ですから、「トリプトファン」は日々の食事から摂る必要があるのです。

寝ても寝ても寝足りないと感じているなら、「トリプトファン」不足になっている可能性があります。トリプトファンが多く含まれる食品には、牛レバー・豚ロース・鶏ムネ肉・カツオ・クロマグロ・ごま・ほうれんそうなどがあります。

すぐ効果的に睡眠の質を上げるには

睡眠の質を上げるために、ストレスをためないようにリラックスを心がけ、トリプトファンを含んだ食事に気を付ける、という重要な2つのポイントをご紹介しました。

けれども、忙しくてそこまで気が回らない! すぐに解消したい! という方は、サプリメントを利用するのも手です。

リラックスとトリプトファンの摂取を効率よくサポートしてくれるサプリメントとしては「グッドナイト2700」が人気です。

体と心を休息させる快眠に導く3つのポイント【寝つき】【睡眠中】【寝起き】の3ステップに注目した成分が植物系ハーブを中心に配合されており安心して飲めます。

ストレスを和らげ自然なリラックスを導いてくれるグリシン・テアニンなどの成分や、睡眠の体内時計を整えてくれるトリプトファンがひとつにまとまっていて、使いやすくて続けやすいサプリメントとして好評です。

公式サイトだと、お得なキャンペーンも実施中な上に送料無料で利用しやすくなっています。

また、公式サイトだと通販サイトと異なり在庫商品の処分や消費期限の短い商品がなくて1番安全です。それに、商品に関する問い合わせも直接できて、疑問や質問が生じても迅速に対応できます。健康や美容に関する商品は、公式サイトからの購入がおすすめです。

配合されている成分の働きや、安全性に関する情報、お得な購入方法、効果的な使用方法などについての情報が公式サイトに掲載されていますのでチェックしてみてください。

>>公式サイトで、成分や安全性・お得な購入方法などを読む

おすすめコンテンツ
寝ても寝ても寝足りないと感じているなら
快眠サプリ「グッドナイト2700」の効果と口コミ
快眠に!おすすめ入浴剤

Copyright(c) 夏バテ予防と解消対策 , Ltd. All rights reserved.

手のつけやすい、夏バテ・梅雨バテ解消法とは?

夏バテ・梅雨バテの予防&解消に“手をつけやすい”対策として、食事睡眠入浴があります。夏バテの症状は色々な要因で起きますが、すぐできる解消法をまとめましたので参考にしてみてください♪

まとめ記事はコチラ ⇒ 夏バテ・梅雨バテ解消&予防のポイントは、食事・睡眠・入浴

食事・睡眠・入浴の改善グッズ

【食事】⇒ 効くサプリベスト3

【睡眠】夏の快眠グッズ10

【入浴】⇒ オススメ入浴剤15選

夏バテ予防と解消対策のまとめ


ツイッターはじめました♪

あなたにオススメの商品はこちら♪

うなぎ鰻国産ランキング

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク